植毛日記 育毛法

【術後280日:40週目】自宅で簡単にできる育毛液の作り方

投稿日:2018年4月18日 更新日:

術後40週目の状態

自毛植毛手術をしてから280日目(40週目)の経過報告です。

20180404-正面

20180404-右側面

20180404-左側面

久しぶりの更新になってしまいました。遅ればせながら40週目の状態はこんな感じです。

まぁ変わり映えはないですね笑。ということで報告はここまでにして、タイトルにもあるように最近は自分で育毛液を作っているのでその作り方を紹介します。

自宅で簡単にできる育毛液の作り方

世界一簡単な髪が増える方法

世界一簡単な髪が増える方法」に育毛液の作り方が書かれていたのでそれを参考にしています。

用意するのは以下のもの。

  • 精製水(100ml)
  • グリセリン(小さじ1/4~1/2)

以上です。

これを100均一などに売ってるスプレーボトルに入れて混ぜ合わせれば完成です。簡単でしょう?笑

詳しい内容までは割愛しますが、他にも薄毛のタイプ別に適したアロマ液を入れることを本書では推奨しており、私はイランイランというアロマを数滴混ぜて使っています。

用意したもの
スプレーボトル

ちなみに、グリセリンは植物油由来の保湿成分をもった液体です。つまり育毛液というよりは自家製の保湿液みたいなものですが、この本では保湿の大切さについて書かれていました。

なぜ保湿が大切なのかについては、本の内容を抜粋してご紹介します。

顔や体の皮膚と同じように、頭皮も保湿するとやわらかくなるからです。縮こまっていた毛穴が開きやすくなります。毛穴がのびのびと広がると、しっかりした毛が育ちやすくなるだけでなく、ひとつの毛穴から生える髪の毛の本数が増える確率もぐんと高くなるのです。

とのことでした。理屈は分かりますし、なるほどな~と納得させられました。

使い始めてからまだ数週間ですが、毎日お風呂あがりに自家製の育毛液を本に書かれていたマッサージをしながら使っています。

植毛後は黙っていても毛が生えてきていたので育毛の努力を怠っていましたが、少しでもいい結果になるようにいつまで続くか分かりませんがちょっと試してみたいと思います。

本書では他にも

  • 薄毛タイプ別のマッサージ方法
  • 髪の洗い方、乾かし方
  • 髪にいい食べ物

などについて書かれています。分かりやすく平易な文章で簡潔に書かれていておすすめの本でした。

グリセリンも精製水もドラッグストアで簡単に手に入るので、興味のある方は試してみてください。

  • この記事を書いた人
ウィング

ウィング

2017年6月21日に韓国で2000株の自毛植毛手術をしてきました。植毛に至るまでの経緯はハゲ歴史に詳しく記載してます。

-植毛日記, 育毛法
-,

Copyright© 私の植毛日記 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.