【最終日】韓国植毛旅3日目 韓国植毛

【韓国植毛旅3日目】韓国最終日、そして日本へ帰国

投稿日:2017年6月24日 更新日:

さて、韓国植毛旅3日目です。

この日の予定

  • 12時:ホテルチェックアウト
  • 13時:JP毛髪センターでシャンプー
  • 20時:金浦空港 発
  • 22時:羽田空港 着
  • 23時半:自宅到着

起床

2017年6月22日(木)

朝6時30分 起床。

植毛した翌日でしたが、痛みもほとんどないし、枕に血がついているといったこともなく、無事に朝を迎えることができました。

夜中、目が覚めたときに横向きになっていたのには若干焦ったけど、枕を見ても血がついていたりドナーが取れていたりといったこともなかったので、大丈夫なはず。

寝ている間に頭を掻いてしまったようなこともなかった…と思います。汗

なんせ寝ている間のことだから分からない。。でも、指を見ても血がついていたり、ドナーが着いていないってことは、きっと大丈夫なんでしょう!

ただ、眠るときは仰向けでという指示があって、昨日の施術からずっと同じ体勢なので、体がちょっと痛かった。

もうすこし寝ていたかったけど、起きていた方が体が楽だったので、起床。

ホテルの片付け

困ったのがゴミの捨て方。

生ごみ、サムゲタンの鳥の骨、ビニール袋、ペットボトルなど、2泊もいるとそれなりにゴミが出たのですが、どうやって捨てたらいいのか分からない…。

そこで、「韓国 ゴミ 捨て方」で検索してみたところ、いろいろ情報が出てきたので、それを参考に分別。

ゴミの分別

ゴミを入れるビニール袋は、机の中に何枚か入っていたので、それを利用。

ネットに書かれていた情報を元に分別したのはいいけど、さて、今度はこれをどこに捨てるか。

各階の階段前に、ゴミを捨てる場所はあったんですが、生ごみや鳥の骨を捨てられるところはなく、仕方ないのでどうしたらいいかフロントに聞きに行くことにしました。

そこで便利だったのが「google和訳アプリ

スマホに向かって話した言葉を韓国語に変換してくれるし、直接文字を打ち込んで韓国語に変換することもできます。

どうしてもっと早く使わなかったんだろう、というぐらい便利でした。

フロントに行き、和訳アプリを使ってなんとかコミニケーションをとり、結果、ゴミは部屋に置いたままでいいということになりました。

ゴミの分別2

一応、どんなゴミが入っているか紙に書いて置いておきました。

残り時間はネットをしたり、本を読んだりしながら過ごし、12時にチェックアウト。

韓国で初カフェデビュー

JPさんでシャンプーするのは13時から。アテンダントのSさんとの待ち合わせは12時50分。

待ち合わせ時間まで50分もあるので、その間、外をフラフラしようと思ったけど、外は30度近くあって蒸し暑い。

術後の頭を隠すためにニット帽をかぶっているから、暑くて頭が蒸れる蒸れる。

汗をかくのはあまり良くないので、長時間外にいたくありません。

これは仕方ない、カフェに行くか…。

ということで、意を決して駅近くのカフェに入りました。

アイスコーヒーなら万国共通、どの世界でも通じるだろう。

そう思って「アイスコーヒー」と注文したのですが、これが予想外に、全く通じませんでした。

あきらかに店員の頭に「?マーク」が浮かんでいます。

予想と違う反応にテンパり、どうしようかと思っていると、店員の口から「アイスカフェモカなんちゃらかんちゃら」と聞こえてきました。

こちとら韓国語は「アニョハセヨ」と「カムサハムニダ」しか喋れないし、何を言ってるのかもわかりません。

google和訳アプリを使う余裕もなく、もうそれでいいと、「YES、YES」とブンブン首を縦にふって、なんとかオーダーが通りました。

韓国初カフェ

いや~焦った。

頼んだものとは違ったけど、なんとかなりました。笑

wi-fiのアクセスキーがレシートに書かれていたので、カフェモカを飲みながらネットをつないで時間まで暇つぶし。

時間になったのでカフェを出て、駅でSさんと合流

これからJPさんへ行って、術後初めてのシャンプーです。

向かっている電車の中で、Sさんに聞きました。

wing
ウィング
韓国では、アイスコーヒーって言葉は通じないんですか?
Atendant
Sさん
え、通じますよー!

とのこと、マジか。

どうやら私の発音が悪かったのか、お店にアイスコーヒーが無かったのか、答えは今となってはわかりません。

術後の初シャンプー

13時 JP毛髪センターに到着。

昨日も応対してくれたスタッフの方が、シャンプー室まで案内してくれます。

shawar

シャンプーの仕方をレクチャーしてもらいながら、頭を洗ってもらいました。

術後とシャンプー後の様子

(シャンプー後の様子は30秒~)

シャンプーだけなので、30分ほどで終了。

最後にチェ院長にあいさつしたかったですが、施術中のため会うことはできませんでした。

クリニックの方たちに挨拶をして退店。

手を振ったりフレンドリーに挨拶してくれました。

電車で金浦空港へ

現在まだ14時前。

飛行機は19時50分発なので、時間までまだかなりありましたが、外は暑いし観光して汗をかきたくなかったので、大分早いですが、もう空港に行くことにしました。

金浦空港まで電車で1時間弱。

電車代は日本円で350円ぐらい、安すぎる!

電車の中では、韓国事情について、Sさんにいろいろ聞いてました。

韓国で流行っているもの、韓国の若者の話、仕事の話、etc...

日本と韓国

話を聞いていると、日本も韓国も同じようなものが流行っていたり、似たような政治的問題を抱えていたり、似ているところが多くあって、今までネットの中だけでしか知らなかった韓国がより近く感じました。

それに、韓国には反日のイメージが強くありましたけど、私がこの2泊3日で出会った人たちは優しい人が多くて、

韓国人、優しいじゃん。

そう思う場面が何度かあって、渡航前より、韓国のことが好きになりました。

実際にクリニックの先生やスタッフの方々も優しかったですし。

いろんなことに言えるけど、テレビやネットだけの情報だと、一方向からしか見ることができなくて、違う角度から見るとまったく違ったりすることがあるから驚きます。

他にも、いろんな話をしながらだったので、電車の時間はあっという間でした。

金浦空港で離陸時間まで暇つぶし

15時頃 金浦空港到着。

到着後、Sさんに空港で時間をつぶせる場所の案内をしてもらい、チケットの取得もしてもらいました。

本当にありがとうございます。

お礼を言い、ここでSさんとはお別れ。

ちなみにSさんは、今日の夜21時に金浦空港に到着する日本人のアテンダントもするそうで、夜にまた空港までくるそうです。

大変だ・・・

さて、私は飛行機の時間まで4時間以上、時間をつぶさなければいけません。

最初は近くのショッピングモールを徘徊してましたが、あとはずっと空港内にあるフードコードにいました。

フェスティバル

金浦空港にある「フェスティバル」。

空港のフードコートというだけあって、日本食からイタリアンから韓国料理まで、いろいろありました。

外国人が多い場所なので、注文は身振り手振りで理解してくれました。

フェスティバル中

席も多く、フリーwi-fiも使えて、かなりよかったです。

ご飯を食べたり、ブログを書いたり、ネットサーフィンをしたり、時間つぶしには最適な環境でした。

韓国はどこに行ってもwi-fiが繋がりますね。

回線速度も問題ないし、日本よりも便利だと思います。

日本へ帰国

19時 搭乗手続き

搭乗手続きのときに、帽子を脱ぐように言われましたが「手術しました」と伝えると、そのまま通してくれました

手術しましたは、韓国語で「ススル」といいます。

そんなこんなで問題なく通過。

金浦空港

19時50分 金浦空港出発

飛行機になれてきたのか、行きに比べたら帰りはあまり怖くなかったです。

座席の前にあったモニターをいじっていると、なんと、映画が観れるとな。

しかも最新作が観れるだと?すごい。

日本映画で面白そうなのがないか調べていると「君の名は」があったので、羽田に着く間ずっと視聴してました。

初めて見たけどおもしろい。

ただ到着までに全部観きれなかったのがくやしい。

22時頃 羽田着

入国手続きをサクっと終わらせます。

そのあと電車で1時間半かけて地元まで帰ってきて、家についたのが23時半頃でした。

170622_1

帰宅後、すぐにニット帽を脱いで、今の状態をパシャリ。

うん、問題なさそう。

170622_2

後ろはこんな感じ。

痛みもぜんぜん無いので、今のところは順調なのかな。

韓国で使った金額

空港で換金するの忘れて、そのまま持ってきちゃいました。

韓国のお金

数えてみると、46,850ウォン残っていました

日本円にすると、4,685円ほどですね。

韓国に着いたときに1万円をウォンに換金したので、韓国で使った金額は5,000円ちょっとということになります。

私みたいに、観光をしないでコンビニやカフェに行くぐらいなら、1万円持っていけば十分だとおもいます。

ちなみに、食費の物価は日本と同じか、ちょっと高いぐらいでした。

交通費は日本の半額ぐらいです。

参考にしてください。

まとめ

駆け足でしたが、2泊3日の韓国植毛旅が終わりました。

訪韓や手術のこと、他にもいろいろ心配なことは多々ありましたけど、アレコレ考えても仕方ないのであまり深く考えず、とにかく「やるしかない」という気持ちで行動していました。

そのおかげか、気が付いたらあっという間に終わっていた、という感じですね。

本当はもっと詳しく施術中のことや、韓国でのできことなどを書きたかったのですが、あまりにも長くなるので、細かいことはまた別の記事で書こうかなと思っています。

以上、韓国植毛2泊3日の旅の流れはこんな感じでした!

これから韓国植毛を考えている方の参考になったらうれしいです。

にほんブログ村 健康ブログ 植毛・自毛植毛へ

良い記事だと思ってもらえたらクリックお願いします。

  • この記事を書いた人
ウィング

ウィング

2017年6月21日に韓国で2000株の自毛植毛手術をしてきました。植毛に至るまでの経緯はハゲ歴史に詳しく記載してます。

-【最終日】韓国植毛旅3日目, 韓国植毛
-,

Copyright© 私の植毛日記 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.